国虎屋

パリの国虎屋さんで、いつもお仕事でお世話になっている方に

お仕事のお話しながらランチをいたしました。

こちらで、頼んだ和食と一緒にこちらのブルゴーニュワインをお勧めいただきました。

ラズベリーの香りとふんわりなめらかな味わいで和食ともばっちりでした。

お食事も美味しくいただきました!


La Pyramideの le piano , Patrick henriroux

こちらのレストランで毎度、どうしても食べたくなるle Piano.

ご覧の通り、美しいデザートです。どこから食べたらいいか毎回、悩みます。

こちらのレストランのシェフ、Patrick Hernirouxは、朝の朝食のサービス時から

自ら料理を振舞っていました。朝からシェフが作ってくれたクレープをいただきました!

美味し〜。そしてちょっとお話しましたが、日本に年に3、4回はいくそうです。

そう!パレスホテルもこのシェフが担当しているのです〜


Cyril Lignac のガレッドデロワ


IenaにあるCyril Lignacのお店に行ってきました。

フランス人の知り合いがここのガレットが一番とのことだったのでトライアル。

ショーウインドウには写真のように、ガレットが並んでました。

ケーキにも目移りしたものの、季節のガレットに今回は決めました。チョコレート味を

選びました!

甘すぎず、胸焼けもせず美味しくいただきました。

パンも売っていて、これも美味しそうでした!


ガレットデロワ


1月のお菓子。ガレットデロワ。8日が食べ始めということで8日には早速、食べました。

今回、3回目のガレット。3回目はChristophe Michalakのガレットを食べました。

3種類のうち、Mandarine de Pakermeを選びました。

軽くオーブンで温めて。。伝統的なガレットと比べるとさっぱりしていてもたれません。

もちろん、美味し〜。オレンジの軽い苦味と香りが美味しかったです。。


chateau de Pibarnon . パリのPages にて



パリの16区にあるPagesに行ってきました。お料理の写真は載せきれませんでしたが。

こちらではWAGYUを美味しくたべれます。宮崎の尾崎牛。日本でも食べれるところはわずかだとか。。

どのお料理もさすが日本人シェフのお料理だけあって繊細で美しい。重すぎません。

デグスタションを頼みましたが、最後までおいしくもちろん食べれました。(尾崎牛は追加メニューで追加しました)

ワインはこちらでは、Chateau de Pibarnon の赤を。。このワインは、ロバートパーカーでまさに2012年のものは

93点!南仏のワインらしい、フルーテイながらにしっかりボデイ。繊細な和牛にもあいました。

こちらのワイン、すでに美味しく飲めましたが、10年くらい寝かしますと、さらにビター感がましスモーキーな香りも

芳醇になりお肉料理にはばっちり!!な感じになるそうです!こすとパフォーマンスもナイスですし、買って寝かしておきたいな

なんて思ってます


| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

search this site.